友知会 会則

第1条    【名 称】

 本会は、一般社団法人 北海道中小企業家同友会苫小牧支部「友知会(ゆうちかい)」と称す。

 

第2条    【事務局】

 本会は、事務局を苫小牧市所在「一般社団法人 北海道中小企業家同友会苫小牧支部」内に置く。

 

第3条  【目 的】

本会は、東胆振・日高地方の地域の責任を負っている企業の青年経営者・後継者として、地域の多くの人々に信頼を受け、揺るぎない経営体質を築くため、会員が共に手を携え相互に切磋琢磨し交流する会とする。

 

第4条     【運営の原則】

本会は、特定の個人または法人、その他の団体の利益を目的として、

その事業を行わない。

本会は、これを特定の政党のために利用しない。

 

第5条    【事 業】

本会は、上記目的達成のため次の事業を行う。

①地域貢献活動の推進に関する事業・例会

②会員の指導力・能力の開発に関する事業、並びに会員相互の連携に資する事業・例会

③全道・全国青年部後継者部会連絡会への参加

④その他、友知会の目的を達成するために必要な事業・例会

 

第6条    【会 員】

一般社団法人 北海道中小企業家同友会苫小牧支部の会員であり、満20歳以上満45歳までの品格ある青年経営者・後継者・幹部社員で、幹事会において入会を承認された者。ただし、年度中に制限年齢に達するときは、その年度内は制限年齢を超えても正会員の資格を有する。

2 会員は45歳をむかえる年度の3月末日をもって卒業となるが、卒業した者は「OB会員」となる。

 

第7条    【入退会】

本会の会員となろうとする者は、所定の入会申込書を事務局に提出し、幹事会の承認を受けなければならない。また、会員が退会しようとするときは、その年度の会費を納入し、退会届けを会長に提出しなければならない。また、事務局は提出のあった直後の幹事会で報告を行わなければならない。ただし、やむ得ない事由があるときはこの限りではない。

2 本会は、年度内に会員がその資格を喪失しても、既納の会費及びその他の拠出金品は返還しない。

 

第8条    【事業年度・会計年度・会費】

 事業及び会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。また、年会費は、一名あたり6,000円とする。

 

第9条    【役 員】

本会に次の役員を置く。役員は、原則として2年任期とし総会においてこれを選任する。

① 会 長  1名      

副会長  1名~4名     

幹事長  1名             

④副幹事長 1名~4名

⑤ 委員長  1名~4名

⑥副委員長 1名~8名

  

第10条  【役員の職務・権限】

 役員は、幹事会を構成し、本会則の定めるところにより本会の業務の執行を決定する。

 2 会長は、友知会の代表役員とし、業務を統括する。

 3 副会長は、会長を補佐して業務を司り、会長に事故または欠けたときは、その職務を代行する。また、必要に応じて委員会を管理、監督する。

4 幹事長は、会長、副会長を補佐して業務を処理し、事務局を統括する。

5 副幹事長は、幹事長を補佐して業務を処理し、委員会を管理、監督する

6 委員長は、委員会の代表として委員会を統括し、幹事会で審議、報告上程する義務を負う。

7 副委員長は、委員長を補佐して委員会運営を円滑に進むように務める。

 

第11条 【総 会】

総会はすべての会員をもって構成し、年に1回行い、次の各号を承認する。また、会長が必要と認めた場合、及び役員全員が必要と認めた場合に臨時総会を開くことができる。

①会長及び役員の選任および解任

②会則の変更

③事業計画及び収支予算の決定並びに変更

④事業報告及び会計報告の承認

⑤前各号に定めるほか、本会の業務執行の決定

 

第12条 【四役会】

四役会はすべての四役をもって構成し、必要に応じて都度開催する。

①幹事会協議・審議事項の検討・指示・確認

②その他会の運営に関わる重要事項の協議

 

第13条  【幹事会】

幹事会はすべての役員をもって構成し、各月1回程度行い、次の各号を承認する。

①会長の選定及び解職

②役員の選任及び解任

③総会の日時及び場所並びに目的である事項の決定

④規則の制定、変更及び廃止に関する事項

⑤前各号に定めるもののほか本会の業務執行の決定

2 直前会長は幹事会に出席することができ、意見を述べることができる。

 

第14条 【例会・事業】

本会は、毎月1回程度の例会及び事業を開催する。

例会の運営については、幹事会の議決により定める。

 

第15条 【委員会】

本会は、目的達成に必要な事項を調査、研究、計画、審議、実施、報告するために委員会を置く。

委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって構成する。

正会員は、会長、副会長、幹事長、及び直前会長等を除き、原則として全員がいずれかの委員会に所属しなければならない。

 

第16条 【財 政】

会の財政は、年会費、例会会費、活動収入、その他の収入によって賄われる。

2 予算及び決算は、総会の承認を得るものとする。

3 会計責任者は会長とし、権限を幹事長に委嘱する。また、会計庶務は同友会事務局が請け負う。

4 会計監査は支部の監査を受けるものとする。

 

第17条 【慶弔見舞規則】

会員身辺の慶弔事、もしくは会員個人の病気、及び災害があったときの慶弔見舞い規則を別に定める。

 

 

※附 則 この会則に定めのない事項は、同友会規定に準拠して運営する

     2012年4月10日「友知会」申し合わせ事項 改正

     2013年4月9日 「友知会」申し合わせ事項に基づき制定

     2014年4月8日 一部改正

 

関連リンク

アクセスカウンター
現在の閲覧者数:

外国語翻訳

Translate this page.

Traduire cette page.

Traduci questa pagina.

Diese Seite übersetzen.

Traducir esta página.

Reddo is page.

Перевести эту страницу.

外語翻譯

외국어 번역

Please select your

language.